SSブログ

対話型講演 [対話]

 約400人の参加者が集まった、小中学校のPTA研究大会の講演を
行いました。

演 題は、「子どもの心を育て、強みを伸ばすために」と題して、
1時間半の持ち時間です。
会場は大学の大きな階段教室で、パワーポイントを投射しながら進めて
いきました。
途中5分間の時間で2回、参加者同士でテーマに沿って対話をしていただいた
のです。
 
事務局の先生方に、最初この提案をしたときに今まで経験したことがない
とのことでした。
大勢の人数と会場のことを勘案すると、確かに冒険的な試みだったかも
しれません。
 
対話のテーマについての「問い」を先に見せ て、進め方とルールについて、
ゆっくりと説明しました。
特に終了時間の合図は、手を挙げて示し、静かに話をやめていただくことを、
開始前に説明し練習したことで効果がありました。
大きな声を出さず、ベルの音を鳴らさなくても、手上げに気が付いた方々が、
静かに対話を止めてくれました。
演壇に注目するまでの時間は、なんと10秒程で、会場のみなさんが
シーンとなって静まり返ったのです。
 
各対話の5分間は、皆さん一生懸命話し合い、その大きな声が教室内に
ワーンと響き渡っていたのが、瞬時に静まり返りました。
 
 一方的に講話を聞くことになる講演にかえて、
  参加者が対話する進め方で自分の考えや意見を
   初めて会った人同士で話をする対話型の講演、
    自分の思いを話し、あるいは新たな気づきを得る
     学びがあり、満足度を高めていくことが可能です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます